人口2億4,000万人、2011年の実質GDP成長率6.5%というインドネシアは、続々と富裕層・中間層が増えており、経済の発展が目覚ましい状況にあります。

新しいショッピングセンターが続々と開業・活況を呈し、中間層の増加と日系企業のサービス水準の高さが、外食産業の追い風になっています

初期費用1,000万円、投資回収2年以内でフードビジネス展開が可能

ポテンシャルの高いマーケットでのビジネスチャンスは多く存在します。

特にその中でも外食産業においては多くの可能性が存在し、営業利益率30%、2年以内に回収可能で、日本では考えられない早い回収スピードと売上拡大が実現できるチャンスがあります。

本セミナーではインドネシア進出を具体的にイメージして頂けるようデータを公開し、インドネシアでの外食産業の可能性を余すことなくお伝えできればと考えております。

プログラム

第1部:午後3時~4時

インドネシア進出の実態と飲食業成功事例
【主な内容】
■ジャカルタで何が起きているのか
■インドネシアの事業環境
■日系企業成功事例の研究
■実例!営業利益率30%のカラクリ
■成功に必要な条件とは

第2部:午後4時~4時30分

インドネシアの経済概況と税制・法制
【主な内容】
■税制の基本と実態
■法人設立コスト
■インドネシアのメリット
■外資参入規制について

日時

平成24年6月20日(水)午後3時開演

会場

大和ハウス東京ビル
東京都千代田区飯田橋3-13-1 大和ハウス東京ビル
*JR飯田橋駅 東口・地下鉄A2出口より徒歩5分
*JR水道橋駅 西口 徒歩3分

講師のご紹介

平井 聡 GOREE CONSULTING, INC. ディレクター

学生時代、国内最大の焼肉チェーンのアルバイトリーダーとして店舗運営を経験、2年連続最優秀店舗を受賞。その後楽天株式会社に入社・グルメジャンルのトップコンサルタントとして活躍、アメリカ最大手商品比較サイト「ネクスタグ」の日本事業立ち上げを歴任。海外進出支援のGoreeConsulting株式会社を創業。

八木橋泰仁 税理士法人ファシオ・コンサルティング 代表

インドネシア・ジャカルタの会計事務所とも提携している税理士法人の代表。日本の中小企業がアジアで事業機会を見つけ、進出することを支援している。

参加費

経営者の方のみ無料
※経営者の方以外のご参加は5,000円を申し受けます。同業者の方のご参加はご遠慮ください
※お申込みはWebもしくはFAXにてお願いいたします。お申込後、こちらからご連絡致します。