Loading

事業再構築補助金の最新情報がアップデートされました

コロナ禍の中で様々な施策が打たれているわけですが、その中でも上限金額が【1億円】という高額であることから、とにかくインパクト大な補助金が「事業再構築補助金」。事業再構築指針に沿った新分野展開、業態転換、事業・業種転換等を行うことで、通常枠で最大6,000万円が、卒業枠という中小企業から中堅企業になる前提の400社限定のものは最大1億円という内容。

とにかくお問い合わせが多いのですが、なんせ公募要領はまだ出ておりません。2021年3月に公表予定とのことですので、詳細は正直わかりません。そんな中、2021.2.15に経済産業省から情報がアップデートされましたので、この要約を下記に記載させて頂きます。ご参考までに。

詳細は経済産業省のPDFファイルを確認してください。

主要申請要件

  1. 売上高減少要件
    申請前直近6カ月間のうち、任意の3ヶ月の売上高が2019・2020年1~3月の同3ヶ月合計売上高と比較して10%減少している。
  2. 事業再構築に取り組む
  3. 認定支援機関と事業計画を策定する

計画用件

●補助事業終了後3~5年で「付加価値額」の年率平均3.0%以上増加
または
●従業員一人当たり付加価値額の年率平均3.0%以上増加

補助対象経費が幅広い

  • 基本は設備投資を支援するもの(設備費・建物・システム投資等)
  • 広告宣伝費・販売促進費も対象
  • 人件費は対象外

※他の補助金では広告宣伝費の額・割合について制限があるケースもあり、本補助金も上限がある様子。

計画の審査項目は公募要領(3月予定)で公表

・SWOT分析、環境分析などをする必要があることだけは項目でわかる
・ということは、そこそこボリュームあるはずなので、今から準備しないと結構大変

フォローアップは5年間

・毎年の年次報告を5年間継続する必要あり
(他の補助金では認定支援機関の報告書は2年間だったりもするが本補助金はどうなるかわかりません)

事前着手申請で2021年2月15日以降の購入も対象

・公募開始は3月以降だが、2月15日以降の購入なども対象にすることができる
・但し、相見積か入札が必須
・当然、不採択になる可能性だってある

GビズIDプライムアカウントが必須

・すべて電子申請なので、GビズIDプライムアカウントの取得必須(申請予定企業において)
・発行には時間がかかるので、出すかどうか悩んでいるなら即時申請しておく
・申請は事業者自身が行うことになります

以上となります。

ところで、ファシオさんでやってもらえませんか・・・というありがたいお問い合わせを多数頂いておりますが、現状では既存顧問先の皆様の対応だけで精一杯になりそうです。できるとしても第一弾申請には間に合わせることはできないと思います(このブログ書いているくせに営業する気が全くありません・・・)。
対応できる認定支援機関をご紹介することは可能かもしれませんので、顧問先様以外のご用向きは【お問い合わせページ】からお願いいたします。電話でのお問い合わせはリモート勤務体制のため、人的リソースの限界があるためにお受けできかねますのでご容赦ください。

※本稿は令和3年2月16日現在の情報で執筆しております。
※記載されている内容は執筆時点で判明している法律・通達等に基づいて記載をしておりますが、その時点並びにそれ以降における正確性を保証するものではありません。また、一般的な事例を記載しておりますが、特定の個人や組織がおかれている状況に対応するものではありません。本稿を参考に何らかの行動を執られる場合には、税理士をはじめとする専門家にご相談の上ご判断ください

※本コラムの著作権は弊社並びに筆者が保有しております。無断転載複写については固くお断りさせて頂きます。一部引用については適切な措置をお願い致します。

関連記事

  1. 日本公認会計士協会準会員会にて「税務勉強会」の講師を務めました
  2. 楽天大学主催「会計特訓講座」第2期(高松)DAY3が開催されまし…
  3. 楽天大学主催「会計特訓講座」第2期(高松)DAY2が開催されまし…
  4. 資格の専門学校のTACにてFASS講座講師を務めます
  5. 京都にて相続対策セミナーの講師を務めました
  6. 日経メディカルオンライン「ある日院長が倒れたら」に代表・八木橋が…
  7. 話題のSDGsへの取り組みって気になりませんか
  8. 楽天大学主催「会計特訓講座」第1期(大阪)DAY4が行われました…
PAGE TOP