Loading

暗号資産DeFi(分散型金融)取引の損益計算について

2020年の暗号資産相場は、年始から春先まではそれほどでもなかったものの、徐々に年末にかけて相場上昇が続き、活況を呈しました。
そのいくつかの理由は、DeFi(分散型金融)にあるのではないかと思います。

貸暗号資産、ステーキング等、様々な取引態様が生まれ・普及してきていますが、その中でもUniswapの登場と普及は大きな影響があったのではないでしょうか。
Uniswapは非中央集権型取引所のひとつで、一定量のイーサリアムを預託すれば、利息をもらえたり、ERC20ベースのトークンをだれもが相対取引をすることができるといったもの。
実際に多くの問い合わせを頂いておりますが、現状、国税庁からこの損益計算や税の取り扱いについて提示されていない状況です。
そこで、これまでの会計慣行等から、下記のように損益計算することを本ブログでご提案いたします。

下記損益計算方法については、執筆時点で判明している法律・通達等に基づいて記載をしておりますが、その時点並びにそれ以降における正確性を保証するものではありません。また、一般的な事例を記載しておりますが、特定の個人や組織がおかれている状況に対応するものではありません。後日、国税庁より異なる見解が示される場合もございます。本稿を参考に何らかの行動を執られる場合には、税理士をはじめとする専門家にご相談の上ご判断ください。当社・筆者は一切の責任を負いかねます。

1:1ETHをPool(預託)した

預託したのみで損益計算なし

2:1ETHをPoolし、後日利息(Bonus)として0.1COMPを受け取った

受け取った0.1COMPを受取時のレートで収益計上。

3:1ETHをPoolし、50USDCを借りた

借りたのみで損益計算なし。

4:1ETHをPoolし、借りた50USDCのうち、10USDCを1,100円で売却した

取得原価ゼロで10USDCを売却した扱いとする
※実際にはこの後にUSDCを返済する際に精算が起きるが、この時点ではその額が明確ではないので売却額を全額収益計上する。

5:4の後、50USDCの返済時に、不足している10USDCを1,000円で購入した

購入した10USDC1,000円を費用計上する。

本来、4と5は紐づく取引であり、取引を対応させることが正しいと考えますが、実際には借りたものを先に売却し、後日不足分を購入という履歴も多いことから、その取引時に各々損益を計上することで実務上対応することが簡易的に可能であるためです。他に4の時点で仮受金で計上、5の時点で仮受金と相殺、差額を損益として認識する方法も可能と思いますが、仮受金の計上・管理が少し面倒になります。

6:Poolした1ETHを引き出したら、1.1ETHと150DAIになっていた

差額の0.1ETHおよび150DAIを受取時に収益計上する

7:Poolした1ETHを引き出したら、0.9ETHと200DAIになっていた

差額の0.1ETHを費用計上すると同時に200DAIを受取時に収益計上する

7だけを見ると、0.1ETHの減少と200DAIの取得に相関関係がありそうに思えますが、実際にはETHの減少は各種手数料の支払いによって減少しているケースもあります。
8の取引のように、ETHが増加しているのに新たなDAIというトークンが付与されているという取引もあるため、これらの増減には相関関係はないとして、各々損益計上をする対応になると考えます。
但し、実際に認識できるのは引き出しのタイミングしかないので、実際の付与・費消タイミングでの計上は難しいと思われる点は注意が必要です。

以上となります。
実際に取引内容をデータ化するのは難しい点があります。イーサリアムのウォレット上の履歴である程度追うことはできますが、1行に2取引が表現されていて、単純に合算したりすることができないため、手で修正をする必要がある点などです。
ただ、もう2020年度に取引をされている方は今回の確定申告で損益計算をする必要がありますので、エクセルとにらめっこしながら作業を進めて頂ければと思います。
暗号資産の損益計算ツール「クリプトリンク」でのファイル作成方法はこちら(外部リンク)にも記載があるので参考にしてくださいね。

※本稿は令和3年2月19日現在の情報で執筆しております。
※記載されている内容は執筆時点で判明している法律・通達等に基づいて記載をしておりますが、その時点並びにそれ以降における正確性を保証するものではありません。また、一般的な事例を記載しておりますが、特定の個人や組織がおかれている状況に対応するものではありません。本稿を参考に何らかの行動を執られる場合には、税理士をはじめとする専門家にご相談の上ご判断ください

※本コラムの著作権は弊社並びに筆者が保有しております。無断転載複写については固くお断りさせて頂きます。一部引用については適切な措置をお願い致します。

関連記事

  1. 事業再構築補助金の最新情報がアップデートされました
  2. EC・ネットショップの消費税対応について
  3. 日本生命様発行の「経営情報」2014年6月号に税制改正の記事を寄…
PAGE TOP