日経メディカルオンラインで連載されている「ある日院長が倒れたら」に、弊社代表の八木橋が寄稿しました。今回で2回目の掲載となります。

内容は、「急逝した2人の院長、遺された家族の「明と暗」」というもので、実際の事例を基に書き上げました。

相続への対応を漠然と不安に思っている方は多くいらっしゃいますが、具体的な対策は後回しになっているケースも多くあります。

そして、対策が十分ではない段階で院長が急逝することも。その影響をお伝えできれば幸いです。

弊社では創業時より、病医院の経営支援を会計・税務面から行っております。今後も豊富な経験・実績に基づいた情報提供を行って参ります。

※1回目に掲載された記事は、「院長が癌で休業、減収の影響をいかに抑えたか」です。

弊社の医師・病院・クリニック向けサービスはこちら