卸売業組合様主催の研修会(名古屋)でお話をさせて頂きました

弊社パートナーの鯨岡が、卸売業組合様主催の研修会にて、「税理士直伝!危ない企業の見分け方」と題して、企業の与信管理に関して、主に決算書や定性的情報によって行う場合の注意点等をお話させて頂きました。

全国的規模の組合様主催の研修会の第3回で、今回は名古屋会場で約30名の皆様に対してお話させて頂きました。

弊社では金融機関対策や顧問先様からの与信管理のご相談に応じた実績等に基づき、与信管理に関する研修もさせて頂いております。これも従来より、金 融機関や国税当局からよい決算書・申告書である=経営に役立つ会計情報に繋げる、という活動に基づく成果のひとつであり、弊社の特徴であると考えておりま す。

今後もご依頼があればこのような研修会の講師を務めさせて頂ければと思っております。

関連記事

  1. 約800名の会計人を相手に講師を務めました!~TKC全国会主催税…
  2. 日本生命様発行の「KJ+」vol.10に八木橋の生前贈与対策の記…
  3. 「収益認識に関する会計基準」のその後の話。
  4. 楽天大学にて「会計特訓講座」が開催されます
  5. 平成25年度税制改正大綱が公表されました
  6. ビットコインに関して国税庁タックスアンサーで見解ー仮想通貨の税金…
  7. 日本生命様発行の「KJ+」vol.17にパートナーの鯨岡の記事が…
  8. 日経メディカルオンライン「ある日院長が倒れたら」に代表・八木橋が…
PAGE TOP