日本国内消費は、その人口減少とともに、徐々に減少していくといわれています。

既に、輸出大国ではありますが、しかし、生産は更に縮小していくことは間違いないと思われます。

これまで培ってきた技術を活かし、減少する生産人口を補い、技術・製造立国として未来をなすためには、海外進出や、あるいは海外からの人材受け入れは不可欠となると思います。

弊社では、日本の未来を創るための一環としての海外進出支援を行っております。

いずれ、今まで以上にアジア経済圏の重要性は大きくなるでしょう。その中で、パートナーシップを築くにはどうすべきか。

弊社では、世界の金融センターのひとつとなった香港(および中国華南地域、マカオ)や、ベトナム、インドネシアへの進出支援を行っております。

ご興味のある方は一度、ご相談ください。

9月以降に視察ツアーも検討しております。

関連記事(国際税務)