日経メディカルオンライン「ある日院長が倒れたら」に代表・八木橋が寄稿しました

日経メディカルオンラインで連載されている「ある日院長が倒れたら」に、弊社代表の八木橋が寄稿しました。

内容は、「院長が癌で休業、減収の影響をいかに抑えたか」というもので、実際の事例を基に書き上げました。

院長がいざ倒れてしまった場合、我々会計事務所はもちろんのこと、連携する士業と共にその難局を乗り越えなくてはなりません。様々な対策の大切さも含めて、お伝えできれば幸いです。

弊社では創業時より、病医院の経営支援を会計・税務面から行っております。今後も豊富な経験・実績に基づいた情報提供を行って参ります。

関連記事

  1. 馬の減価償却について
  2. 栃木県宇都宮市で相続対策セミナーの講師を務めました
  3. 仮想通貨の収益・利益はいつ認識する?後編ー仮想通貨の税金その4・…
  4. Webマガジン「ココジカ」4月号に八木橋の監修記事が掲載されまし…
  5. 香港視察ツアー開催のお知らせ
  6. 約800名の会計人を相手に講師を務めました!~TKC全国会主催税…
  7. 資格の専門学校のTACにてFASS講座講師を務めます
  8. ダイナースプレミアムカードのリワード変更について考える
PAGE TOP