Loading

日経メディカルオンライン「ある日院長が倒れたら」に代表・八木橋が寄稿しました

日経メディカルオンラインで連載されている「ある日院長が倒れたら」に、弊社代表の八木橋が寄稿しました。

内容は、「院長が癌で休業、減収の影響をいかに抑えたか」というもので、実際の事例を基に書き上げました。

院長がいざ倒れてしまった場合、我々会計事務所はもちろんのこと、連携する士業と共にその難局を乗り越えなくてはなりません。様々な対策の大切さも含めて、お伝えできれば幸いです。

弊社では創業時より、病医院の経営支援を会計・税務面から行っております。今後も豊富な経験・実績に基づいた情報提供を行って参ります。

関連記事

  1. 連結納税(有利・不利)判定サービスの提供を開始いたしました
  2. 楽天新春カンファレンス2012に出演します
  3. TKCグループ・ホームページに平成26年度税務申告の直前対策の記…
  4. 香港事務所を移転しました
  5. 保険クリニックが6月16日にオープンしました
  6. 平成31年度税制改正大綱において法人税における仮想通貨取引の取り…
  7. 卸売業組合様主催の研修会でお話をさせて頂きました
  8. 日本生命様発行の「KJ+」vol.17にパートナーの鯨岡の記事が…
PAGE TOP